Category Archives: 気づき

  • 0

「神・時間術」今でしょ仕事術①

Category:気づき,読書

「今でしょ」仕事術まとめ1
⑴  2分間判断  自分が思いついたタスクについて,2分以内で処理できると判断したものについてはその場で「すぐにやる」。

⑵  30秒決断術  迷っている状態は時間の無駄。「大事な決断は,時間をかけた方がいい」は誤り。
「ファーストチェス理論」チェスの名人が次の一手を決断するのに30秒で出した結論と60分かけて出した結論は90%の確率で一致するという事実。
「ひらめき」や「直感」というのはかなり正しい。よって⑴の2分間以内で処理できる内容かどうかを判断する時間は30秒で決断することを心がける。迷っている時間は時間の無駄。

⑶  「未決」を決断する  人生の進路を決めるような重要な決断の場合,30秒で決められない場合もある。あるいは他者からの返事や情報がないと,最終的な判断ができない場合もある。この場合は「今は決めない。○月○日の○時に決める」という決断をする。このように未決を意識的に決断することで,その事を何度も考える必要がなくなるので,現在進行中の課題に集中できる。締め切りの時間になり情報がそろったら改めて判断決断する。今できない決断のせいで,集中が途切れる事を防ぐための方法。

受験勉強においては,「志望校の決断」は時間をかけて行う方が一般的。日々勉強しているときに「高校どこにしようかな?」ということが度々思い浮かぶようでは集中できない。よって⑶の未決を決断するという考え方は有効である。

 

 


  • 0

トレーニングの知識

Category:コラム,気づき

今日は,卒業生と一緒にと市の公園でトレーニングしました。彼は,アルバイトでフィットネスクラブのトレーナーをしているので,筋トレのマシーンについてものすごく詳しく丁寧に教えてくれました。
以前に少しは触った経験があり,比較的楽なトレーニングだったという記憶のあったマシンも卒業生の言う事を気をつけながら動かすと,めちゃくちゃキツく感じどこの筋肉に負荷がかかっているのかよ〜く理解できました。直感的に使い方がわかっても,器具の持ち方や動かし方の角度,体の意識する場所などが少し違うだけでほとんど効果のないトレーニングになってしまうことを教えてもらって,自分の普段の授業でも使用する教材や時間配分など,何の考えもなく授業をしてしまうと生徒達の興味や集中力を維持することができずに,実力をつけることができないという点が同じであると思いました。
卒業生の彼はトレーニングや筋肉の知識が豊富なので納得して説明を聞くことができ非常に効果的なトレーニングができたと実感しました。私も,明日から夏期講習が始まるので時間の使い方と教材のどこを集中的に扱うことが最も効果的なのかしっかりと見直して,「教師も生徒も大きく成長する夏」にしていきます。卒業生に効果的な筋トレの仕方だけでない,大切な事を気づかせてもらった大変良い1日でした。どうもありがとう。


  • 0

映画「127時間」を観て 気づきメモ

Category:映画,気づき

どんなに自分がよくわかっていると思っていても,少しの油断で大変なことになる。
一つの岩に片手が挟まれるだけで,体全体,心全体の自由を奪われる可能性がある。
大変な状況になった時こそ,自己分析を怠らず自分の命を繋ぐために必要なものをしっかり把握することが大切だ。
自分が今いる場所を快適にする創造性が生きる力になる。
当たり前のものほど,失った時にありがたさを思い知ることになる。
生きるためには,絶対生きるための決断が必要だ。
思いつくことはなんでもやってみる。
シンプルな答えほど,それを自分の決断とするための勇気がいる。
助けて欲しい時は,助けて欲しいというべきだ。
諦めなかったからこそ,わかることがある。
自分を苦しめた苦境にすら感謝する。
全身をセンサーにしている時こそ,生きている実感が得られる。
次の冒険に進むために気づいたことを改善する。


  • 0

リーダの禅語(枡野俊明・著)を読んで

Category:気づき,読書

アップルのスティーブ・ジョブスや京セラの創業者である稲盛和夫さんなど多くのリーダが学んでいる禅をもう少し深く学んでみたいという思いがあったので,購入し読んでみました。人として,リーダーとして必要な考え方を短い言葉で実に見事に表しているのですが,奥が深く著者の解説を読みながら「こういう解釈もできないだろうか?」と自分の意見が湧き上がって来るそんな面白さがありました。全体としては「風格」「育成力」「平常心」「行動力」「信頼力」の5章から構成されていてそれぞれの章に10個ずつ禅の言葉が紹介されています。私にとっては「育成力」と「平常心」の章が今の自分と照らし合わせた時に学ぶべきことが多かったです。生徒に何を伝えどう導くのか,また「予期せぬこと」にどれだけ強くなれるかということについて新しい考え方に触れることで,気持ちが楽になる部分や生徒達とのより良い関係を気づくためのヒントを多く知ることができました。禅語は大切な考え方を一言でビシッと漢字で表してくれているので,非常にクールでカッコよく,一つでも多く覚え実行したいと思いどの言葉も本のページに何度か書いて練習しました。今日読み終えて全部で50個の禅語の中から一つでも多くの「お気に入り」ができるように,自分の環境で実行してみようと思います。
物事を前向きに捉え,素直に学ぶべきことと接することで正しい経験を積み,禅語の「形直影端」が表す「自らの影もしっかりとしたリーダに見える」くらいに高みを目指して,学びを続けていこうと思います。


  • 0

17日で104km走ってみて

Category:気づき

朝のルーティーンを決めて今日で17日が経ちました。特に感じるのは,ランニングがその日の活動の先頭に来ることの効果です。今までは走る前,「よし、走るぞ」みたいな覚悟を決める時間が必要でした。しかし,朝のルーティーンの2番目にランニングを置くことで,走ることで新しい1日がスタートするようになり,ランニング後「よし今日もちゃんと走ることができたぞ。」という気分の良さを感じる時間が長くなることに気づきました。その結果,あとの仕事をモチベーションが高い状態で取り組みことができ,確実に能率が上がっていることを実感しています。
物理的に一日の24時間はのばすことはできません。しかし,清々しく自信を持って過ごす時間が増えることで密度が高くなり時間を使い切っている充実感が湧いてきます。今までは,1ヶ月で100kmずつ走るのは大変だと思っていたのですが,17日で104km走ってみて「1ヶ月で100kmは難しすぎる課題ではない。」と思えるようになりました。6月はあと9日あるので,一日6kmずつちゃんと走ってより高いレベルで密度の高い活動時間を増やせるように頑張ります。


  • 0

「ムダにならない勉強法」

Category:気づき,読書

樺沢紫苑先生の「ムダにならない勉強法」を読み終えました。今回も納得させられるところが多かったのですが大きな気づきとして3つ挙げると、1つ目はアウトプットこそが勉強の真髄であるということです。インプットは”前座”でアウトプットが”真打ち”であり「アウトプットを前提にしたインプットをする」という考え方で学習をすると,勉強効率が上がって成果が出るということでした。猛勉強とは猛烈にアウトプットすることが大事で,たくさんのことを短い時間でインプットすることではないのだと気付かされました。生徒達にもこの話をしたのですが,問題をよく読まなかったり試験時間が足りなくなってしまうことの原因が,アウトプット前提した問題の読み方になっていないからだということに関してとても納得していました。 
 
 2つ目はメンターとコーチの重要性についてでした。これも中学3年生の生徒達に自分にとってのメンターは誰かという質問をしてみたところ,生徒のほとんどは決まっていない様子でした。しかし,中には憧れ尊敬する人物を具体的に挙げることができる生徒もいて,その生徒達に共通していることは「精神的な安定感」であると感じました。多少の嫌なことがあっても自分のなりたい姿や目指していることがはっきりしているので,自己実現のための踏ん張りが効いて努力を継続することができ,最終的にはなりたい自分になれるのだと思いました。さらに、自分にあったコーチを自ら探すことで,適切なアドバイスやフィードバックを受け取ることができ,成長を加速させることになるのだということもよくわかりました。(オリンピック選手になるためにはコーチが9割という部分もコーチの立場で指導している自分にとって,引き締まる思いがしました。)
 
 3つ目は最強のアウトプットについてでした。「教える事=自分の知識をより正確なものにし,記憶した内容をしっかり覚えていられる。」ということで,学んだ内容を聴いてくれる人がちゃんとわかるように教えようとすることが、アウトプットを前提としたインプットになり勉強の効果を高めるということがとてもよくわかりました。
 この2週間私は読んだ本の内容を元に,時間をうまく使う方法や勉強法について生徒達に話す時間を意識的に増やしているのですが,アウトプット前提の読書をしているおかげで,以前より読んだ内容を深く理解できるようになり実際に実行することを増やすことができました。その上で,実体験に基づいたアドバイスができるようになりました。
 この3つの気づきを完全な習慣になるするまでには,まだ時間がかかるかもしれませんが,生徒達に役立つことを,もっとたくさんわかりやすく伝えることができるように実行してどうだったかを見せたり,話すことを前提にして楽しく学び続けたいと思います。


  • 0

”守破離”プリント

Category:気づき

樺沢先生の「神・時間術」「読んだら忘れない読書術」を読み終え,書いてあることを自分なりに実行してみました。一つ目は,今日までの9日間,朝の2時間を高い集中力が必要になる仕事に当てました。二つ目は,朝テレビを見ることをやめ,月10冊以上の読書をするために朝晩のルーティーンの見直しをして改善しました。そして三つ目は,自分の気づきをアウトプットしてより強い記憶にするために,読んだ本の要約と実際に自分で行動した上での「気づき」を「守破離」というタイトルのプリントにまとめ生徒に配布するという試みを実行しました。プリントにまとめたおかげで言いたいことをしっかりと確認しながら話すことはできたのですが,まだ一回目ということもあり数学や理科を教えているときのような「自分で道筋が見えていて自信を持ってできる授業」には程遠い状態でした。しかし,新しい事を思いつき試したことで,とてもにワクワクする充実した1日になりました。これからも継続して「守破離」プリントを作成し,伝えたいと思っている内容を,まずは自分がしっかり理解して多くの気づきを与えられるような特別講義にしたいです。また,生徒達が学校の勉強だけでなく,人生を豊かにするための授業として「守破離」を楽しみにしてもらえるように頑張ります。


  • 0

レシピが教えてくれること

Category:気づき

最近,料理をよく作るようになって感じることはレシピの偉大さだ。レシピを忠実に再現しようと頑張ると,ちゃんと美味しい料理が出来上がってくれる。誰かに自分が作った料理を見てもらったり実際に食べてもらって感想を聞かせてもらうことで,達成感はもちろん料理の作り手としての現在位置と,次への課題がはっきり見えてきて料理への興味を増幅してくれているように思う。
人数に合わせて分量を頭の中で計算し直したり,一部の材料の変更をする必要があるときなどは自分の論理的な部分と創造的な部分がはっきり働いているのを感じることができる。
なんとか完成までたどり着いたとき,道筋を示してくれたレシピに感謝の気持ちが湧いてくる。
今は,テキスト情報だけでなく動画でも作り方を確認することができる。レシピを一つ一つ追いかけるように料理を作ったとしてもとても追いつけないくらいの数がある。
私は飽き性なので,常に新しいことに挑戦したがる。そんな中,今まで作ったことのない料理に
いつでも挑戦できる環境は,行ったことのない国を訪れたり,解いたことがない問題を何としても解こうとしているときの,緊張感と高揚感を与えてくれる。まだまだこれから先多くの料理を作っていくのだが,レシピに対する敬意を忘れずに,楽しんで料理を続けていきたい。