Author Archives: Fujita_Shinichiro

  • 0

「神・時間術」今でしょ仕事術①

Category:気づき,読書

「今でしょ」仕事術まとめ1
⑴  2分間判断  自分が思いついたタスクについて,2分以内で処理できると判断したものについてはその場で「すぐにやる」。

⑵  30秒決断術  迷っている状態は時間の無駄。「大事な決断は,時間をかけた方がいい」は誤り。
「ファーストチェス理論」チェスの名人が次の一手を決断するのに30秒で出した結論と60分かけて出した結論は90%の確率で一致するという事実。
「ひらめき」や「直感」というのはかなり正しい。よって⑴の2分間以内で処理できる内容かどうかを判断する時間は30秒で決断することを心がける。迷っている時間は時間の無駄。

⑶  「未決」を決断する  人生の進路を決めるような重要な決断の場合,30秒で決められない場合もある。あるいは他者からの返事や情報がないと,最終的な判断ができない場合もある。この場合は「今は決めない。○月○日の○時に決める」という決断をする。このように未決を意識的に決断することで,その事を何度も考える必要がなくなるので,現在進行中の課題に集中できる。締め切りの時間になり情報がそろったら改めて判断決断する。今できない決断のせいで,集中が途切れる事を防ぐための方法。

受験勉強においては,「志望校の決断」は時間をかけて行う方が一般的。日々勉強しているときに「高校どこにしようかな?」ということが度々思い浮かぶようでは集中できない。よって⑶の未決を決断するという考え方は有効である。

 

 


  • 0

トレーニングの知識

Category:コラム,気づき

今日は,卒業生と一緒にと市の公園でトレーニングしました。彼は,アルバイトでフィットネスクラブのトレーナーをしているので,筋トレのマシーンについてものすごく詳しく丁寧に教えてくれました。
以前に少しは触った経験があり,比較的楽なトレーニングだったという記憶のあったマシンも卒業生の言う事を気をつけながら動かすと,めちゃくちゃキツく感じどこの筋肉に負荷がかかっているのかよ〜く理解できました。直感的に使い方がわかっても,器具の持ち方や動かし方の角度,体の意識する場所などが少し違うだけでほとんど効果のないトレーニングになってしまうことを教えてもらって,自分の普段の授業でも使用する教材や時間配分など,何の考えもなく授業をしてしまうと生徒達の興味や集中力を維持することができずに,実力をつけることができないという点が同じであると思いました。
卒業生の彼はトレーニングや筋肉の知識が豊富なので納得して説明を聞くことができ非常に効果的なトレーニングができたと実感しました。私も,明日から夏期講習が始まるので時間の使い方と教材のどこを集中的に扱うことが最も効果的なのかしっかりと見直して,「教師も生徒も大きく成長する夏」にしていきます。卒業生に効果的な筋トレの仕方だけでない,大切な事を気づかせてもらった大変良い1日でした。どうもありがとう。


  • 0

映画「127時間」を観て 気づきメモ

Category:映画,気づき

どんなに自分がよくわかっていると思っていても,少しの油断で大変なことになる。
一つの岩に片手が挟まれるだけで,体全体,心全体の自由を奪われる可能性がある。
大変な状況になった時こそ,自己分析を怠らず自分の命を繋ぐために必要なものをしっかり把握することが大切だ。
自分が今いる場所を快適にする創造性が生きる力になる。
当たり前のものほど,失った時にありがたさを思い知ることになる。
生きるためには,絶対生きるための決断が必要だ。
思いつくことはなんでもやってみる。
シンプルな答えほど,それを自分の決断とするための勇気がいる。
助けて欲しい時は,助けて欲しいというべきだ。
諦めなかったからこそ,わかることがある。
自分を苦しめた苦境にすら感謝する。
全身をセンサーにしている時こそ,生きている実感が得られる。
次の冒険に進むために気づいたことを改善する。


  • 0

禅語 アウトプット 道無横経 立者孤危

Category:読書

<読み>道に横縦無し,立つ者は孤危なり。

<意味と私なりの解釈>
みんなが知っている広い道を進めば安心というわけでは無い。何故ならば,そこに大きな落とし穴が待っていたら大勢がもろとも穴に落ちてしまう危険があるからだ。
「とりあえずこうしておけば大丈夫」という大勢の考え方に迎合するだけで自分判断がそこにない場合,思わぬことが起きた時に後悔しても取り返しがつかないことがほとんどだ。
どのような道を進むにしても自分が主体的に選択した道を進まない限り,その道は自分の気持ちとだんだん離れていくだろう。そうやって道を歩いていても,もう誰かが見たことのある景色で同じような感想しか出てこないので,進む面白さもない。そしてそれが続くようだと歩くことの楽しみや意義が見出せなくなって歩くことをやめてしまう。主体的に選んだ道は目的地までの最短ルートでなかったとしても,他人任せの旅に比べて何倍も得るものが有る。自分の力で知り得た事実こそが本当の自信となって,次進む道への好奇心と行動力になる。
新しく自分が進む道を他人任せにせず自分の判断によって切り開き,新しい自分と出会うことに興味を持ち続ける姿が本物のリーダにとって不可欠な要素である。


  • 0

映画を2本観ました

Category:コラム

今日は「神・時間術」で紹介されている ToDoリストについて理解を深めるために”スキマ時間”の過ごし方を考えました。先日の講演会で樺沢紫苑さんの話を聞くまでは,仕事に関係あることか自己成長のための勉強の項目だけを列挙していて,後で見返したときに「やるべきこと」を増やすだけになってしまって,頑張ったご褒美として「やりたいこと」をする時間を増やせていないことに気づきました。このままでは,継続のモチベーションがどこかで切れてしまうと思い,ご褒美に当たる時間をスキマ時間に入れる工夫をしてみました。今日はとりあえず,午前の仕事を片付けた後ランチを食べながらアマゾンプライムで映画「IQ」を,夜帰宅後にトムハンクス主演の「ビック」を観ました。どちらもハートフルな作品で,今こうしてブログが書けているように「ちゃんとゆっくり過ごす時間を持てた」という充実感を得ることができました。
脳内にはご褒美によるドーパミンの分泌が,次の行動の活力となると本に書いてありました。実際映画を観終わった時「面白い映画がいっぱいあるんだな〜。明日もやるべきことを集中してこなし自由時間を得よう。それができたときは今日と同じように気分がいいはずだ。」と感じました。
「神・時間術」は集中して勉強や仕事をこなすことで,自由時間やしっかりとした睡眠時間を獲得するために書かれた本であるということ改めて感じました。これから先も,自分の時間を使い切る研究と修行を続けて,一つでも多くのことができるようになっていく達成感を得ていきたいです。


  • 0

素直さ・継続力・楽しむ能力

Category:コラム

素直さ・継続力・楽しむ能力

この3つが成功する人の必ず持っている資質であると色々な本に書いてあります。
私は,講師として生徒に様々なアドバイスをします。しかし,「とりあえずその通りにやってみる」というのが第一のハードルになってしまう生徒がものすごく多いです。
自分のやり方や考え方にこだわりがあることは悪いことではありません。むしろ,新しい気づきを得るためには必ず必要になるものだと思います。しかし自分にとって未知な分野であったり,まだ初めて間もないときは「素直さ」が最も必要な資質になります。
私は娘ができてから,旦那飯と称して料理をよくするようになりました。「今まで全然料理などやったことない。けれども食べたいものを自分で作れて,それが家族のためにもなったら楽しいだろうな。」という気持ちで始めたので,変なプライドがなくクックパッドやクラシルなどのレシピの通りに作ってちゃんとできると「レシピってすごいな〜」と感動します。作ったものを家内や娘が美味しいと言ってくれること,Facebookで「いいね」やコメントをもらうことで達成感があり続けることができます。また,「基礎をもっと知りたい」という気持ちも出てきて,新しい道具を買ったり様々な食材の切り方が乗っている本を買ったりしました。そうやって続けて行くうちに手際や,材料費,ちょっとしたアレンジなどいろいろな点で改善でき,料理を一つの趣味として楽しみながら続けられています。料理で得たこの考え方を生徒達に伝えて,それぞれの目標を達成してもらうために,まずはスタートの「素直さ」を育てることを徹底的に研究しているところです。
「これが答えだ!」というものはないのかもしれませんが,様々なことからヒントを得てその都度自分のアイディアを試して「スパークメソッド」の一つとして確立したいと思います。


  • 0

6月の活動結果,7月の行動目標

Category:アイディア

<6月にできたこと>

  1. HPの更新を大幅に進めることができた。
  2. 本を5冊読むことができた。(目標は10冊)
  3. 読書と行動の結果をアウトプットし生徒に何か気づきを与えられたらいいなという思いから「守・破・離」というプリントを作り,vol1〜vol4までを配布することができた。
  4. 樺沢紫苑さんの著書「神・時間術」を読み時間の使い方を見直し朝のルーティンをしっかりと決めて実行した。
  5. 26日間連続で走り159.1km走ることができた。
  6. ブログを12回書いた。
  7. ToDoリストを作成してから行動するという習慣が身についた。
  8. 朝テレビを見なくなった。
  9. 睡眠を大切に考えるようになった。(6時間以上の睡眠は必ずとる)
  10. 「時間を決めて使い切る」という考え方に変わった。
  11. 集中力を高めるために,虫歯の治療を始めた。

<7月の行動目標>

  • 毎日ランニングの継続
  • 朝の時間を1時間早めるように時間の組み立てをする。(6時30分起床にしてみる。)
  • ToDoリストに書いたタスクを全てこなすために必要な考え方や行動を研究する。(現在7〜8割)
  • 7月8日(土)大阪に行き樺沢紫苑さんと会って話をしてくる。夏期講習やその後の生徒指導のためのヒントを必ず得る。
  • YouTubeの動画アップを日々のルーティンに組み込む。
  • ブログを書く日数を増やす。
  • 10冊の本を必ず読む。
  • 機械的な休憩をもう少し意識してとるようにする。
  • 「「守・破・離」を5回は発行する。(勉強法について)
  • 夏期講習を必ず成功させる。
  • 楽しくてためになる講習にする。
  • 「勉強法,健康,睡眠,整理術」について,もっとたくさん学びしっかりと実行する。その上で必ず伝えていく。
  • 変化を楽しむ。

  • 0

ジャガイモの天ぷら

Category:コラム

今日は朝のランニングの後,ToDoリストを少し緩めに組んで休日用シフトを試してみました。「休日にToDoリストを書く」ことが休暇をとることを妨げることになってしまうのかも興味があったのですが,私の場合しっかりと書いてよかったというのが感想です。理由は「ただ休んだわけではない」ということがリスト上に記録で残ったのと,休みながら成長することの楽しさを実感できたからです。例えば自分の読書スピードを知ろうと,45分のタイマーをセットして読本してみたのですが,現在読んでいる本では45分でちょうど70ページでした。そこから,一冊の本を読むのに必要な時間と,1ヶ月で何冊は読めるのかを計算したりしました。ちょっとしたゲーム感覚で自分のパラメータを知るのは「学び」を楽しみ習慣化させるために有効な手段なのかもしれません。
ToDoリストのタスクをほぼ片付けた後,晩御飯が天ぷらだというので,娘と一緒に近所のスーパーにそれぞれの飲み物(私と家内はビール,娘は100%ジュース)を買い出しに行きました。娘は三輪車(長い棒がついていて,ハンドルのコントロールをすることができるやつ)でいくというので,私は後ろから押しながらスーパーに行きました。途中夕焼けを見て「キレイ赤色なのはどうしてなのか?」と聞かれて,一生懸命答えました。科学的なことに疑問が出てきたことにとても嬉しくなりました。これからも,どんどん質問してほしいです。スーパーで買い物を済ませ,家について晩御飯を食べました。先日娘が幼稚園の遠足で採ってきたとんでもない量のジャガイモの一部が,天ぷらになって出され、食べたのですが本当に美味しかったです。(ビールにもすごく合いました!)ありがとう!
話す内容や幼稚園での活動など,めざましく成長していく娘と一緒に成長できるように,努力を続けて行きます。


  • 0

リーダの禅語(枡野俊明・著)を読んで

Category:気づき,読書

アップルのスティーブ・ジョブスや京セラの創業者である稲盛和夫さんなど多くのリーダが学んでいる禅をもう少し深く学んでみたいという思いがあったので,購入し読んでみました。人として,リーダーとして必要な考え方を短い言葉で実に見事に表しているのですが,奥が深く著者の解説を読みながら「こういう解釈もできないだろうか?」と自分の意見が湧き上がって来るそんな面白さがありました。全体としては「風格」「育成力」「平常心」「行動力」「信頼力」の5章から構成されていてそれぞれの章に10個ずつ禅の言葉が紹介されています。私にとっては「育成力」と「平常心」の章が今の自分と照らし合わせた時に学ぶべきことが多かったです。生徒に何を伝えどう導くのか,また「予期せぬこと」にどれだけ強くなれるかということについて新しい考え方に触れることで,気持ちが楽になる部分や生徒達とのより良い関係を気づくためのヒントを多く知ることができました。禅語は大切な考え方を一言でビシッと漢字で表してくれているので,非常にクールでカッコよく,一つでも多く覚え実行したいと思いどの言葉も本のページに何度か書いて練習しました。今日読み終えて全部で50個の禅語の中から一つでも多くの「お気に入り」ができるように,自分の環境で実行してみようと思います。
物事を前向きに捉え,素直に学ぶべきことと接することで正しい経験を積み,禅語の「形直影端」が表す「自らの影もしっかりとしたリーダに見える」くらいに高みを目指して,学びを続けていこうと思います。


  • 0

17日で104km走ってみて

Category:気づき

朝のルーティーンを決めて今日で17日が経ちました。特に感じるのは,ランニングがその日の活動の先頭に来ることの効果です。今までは走る前,「よし、走るぞ」みたいな覚悟を決める時間が必要でした。しかし,朝のルーティーンの2番目にランニングを置くことで,走ることで新しい1日がスタートするようになり,ランニング後「よし今日もちゃんと走ることができたぞ。」という気分の良さを感じる時間が長くなることに気づきました。その結果,あとの仕事をモチベーションが高い状態で取り組みことができ,確実に能率が上がっていることを実感しています。
物理的に一日の24時間はのばすことはできません。しかし,清々しく自信を持って過ごす時間が増えることで密度が高くなり時間を使い切っている充実感が湧いてきます。今までは,1ヶ月で100kmずつ走るのは大変だと思っていたのですが,17日で104km走ってみて「1ヶ月で100kmは難しすぎる課題ではない。」と思えるようになりました。6月はあと9日あるので,一日6kmずつちゃんと走ってより高いレベルで密度の高い活動時間を増やせるように頑張ります。