「神・時間術」今でしょ仕事術①

「今でしょ」仕事術まとめ1
⑴  2分間判断  自分が思いついたタスクについて,2分以内で処理できると判断したものについてはその場で「すぐにやる」。

⑵  30秒決断術  迷っている状態は時間の無駄。「大事な決断は,時間をかけた方がいい」は誤り。
「ファーストチェス理論」チェスの名人が次の一手を決断するのに30秒で出した結論と60分かけて出した結論は90%の確率で一致するという事実。
「ひらめき」や「直感」というのはかなり正しい。よって⑴の2分間以内で処理できる内容かどうかを判断する時間は30秒で決断することを心がける。迷っている時間は時間の無駄。

⑶  「未決」を決断する  人生の進路を決めるような重要な決断の場合,30秒で決められない場合もある。あるいは他者からの返事や情報がないと,最終的な判断ができない場合もある。この場合は「今は決めない。○月○日の○時に決める」という決断をする。このように未決を意識的に決断することで,その事を何度も考える必要がなくなるので,現在進行中の課題に集中できる。締め切りの時間になり情報がそろったら改めて判断決断する。今できない決断のせいで,集中が途切れる事を防ぐための方法。

受験勉強においては,「志望校の決断」は時間をかけて行う方が一般的。日々勉強しているときに「高校どこにしようかな?」ということが度々思い浮かぶようでは集中できない。よって⑶の未決を決断するという考え方は有効である。

 

 

Posted by Fujita_Shinichiro


PAGE TOP