映画を2本観ました

今日は「神・時間術」で紹介されている ToDoリストについて理解を深めるために”スキマ時間”の過ごし方を考えました。先日の講演会で樺沢紫苑さんの話を聞くまでは,仕事に関係あることか自己成長のための勉強の項目だけを列挙していて,後で見返したときに「やるべきこと」を増やすだけになってしまって,頑張ったご褒美として「やりたいこと」をする時間を増やせていないことに気づきました。このままでは,継続のモチベーションがどこかで切れてしまうと思い,ご褒美に当たる時間をスキマ時間に入れる工夫をしてみました。今日はとりあえず,午前の仕事を片付けた後ランチを食べながらアマゾンプライムで映画「IQ」を,夜帰宅後にトムハンクス主演の「ビック」を観ました。どちらもハートフルな作品で,今こうしてブログが書けているように「ちゃんとゆっくり過ごす時間を持てた」という充実感を得ることができました。
脳内にはご褒美によるドーパミンの分泌が,次の行動の活力となると本に書いてありました。実際映画を観終わった時「面白い映画がいっぱいあるんだな〜。明日もやるべきことを集中してこなし自由時間を得よう。それができたときは今日と同じように気分がいいはずだ。」と感じました。
「神・時間術」は集中して勉強や仕事をこなすことで,自由時間やしっかりとした睡眠時間を獲得するために書かれた本であるということ改めて感じました。これから先も,自分の時間を使い切る研究と修行を続けて,一つでも多くのことができるようになっていく達成感を得ていきたいです。

Posted by Fujita_Shinichiro


PAGE TOP