素直さ・継続力・楽しむ能力

素直さ・継続力・楽しむ能力

この3つが成功する人の必ず持っている資質であると色々な本に書いてあります。
私は,講師として生徒に様々なアドバイスをします。しかし,「とりあえずその通りにやってみる」というのが第一のハードルになってしまう生徒がものすごく多いです。
自分のやり方や考え方にこだわりがあることは悪いことではありません。むしろ,新しい気づきを得るためには必ず必要になるものだと思います。しかし自分にとって未知な分野であったり,まだ初めて間もないときは「素直さ」が最も必要な資質になります。
私は娘ができてから,旦那飯と称して料理をよくするようになりました。「今まで全然料理などやったことない。けれども食べたいものを自分で作れて,それが家族のためにもなったら楽しいだろうな。」という気持ちで始めたので,変なプライドがなくクックパッドやクラシルなどのレシピの通りに作ってちゃんとできると「レシピってすごいな〜」と感動します。作ったものを家内や娘が美味しいと言ってくれること,Facebookで「いいね」やコメントをもらうことで達成感があり続けることができます。また,「基礎をもっと知りたい」という気持ちも出てきて,新しい道具を買ったり様々な食材の切り方が乗っている本を買ったりしました。そうやって続けて行くうちに手際や,材料費,ちょっとしたアレンジなどいろいろな点で改善でき,料理を一つの趣味として楽しみながら続けられています。料理で得たこの考え方を生徒達に伝えて,それぞれの目標を達成してもらうために,まずはスタートの「素直さ」を育てることを徹底的に研究しているところです。
「これが答えだ!」というものはないのかもしれませんが,様々なことからヒントを得てその都度自分のアイディアを試して「スパークメソッド」の一つとして確立したいと思います。

Posted by Fujita_Shinichiro


PAGE TOP