リーダの禅語(枡野俊明・著)を読んで

アップルのスティーブ・ジョブスや京セラの創業者である稲盛和夫さんなど多くのリーダが学んでいる禅をもう少し深く学んでみたいという思いがあったので,購入し読んでみました。人として,リーダーとして必要な考え方を短い言葉で実に見事に表しているのですが,奥が深く著者の解説を読みながら「こういう解釈もできないだろうか?」と自分の意見が湧き上がって来るそんな面白さがありました。全体としては「風格」「育成力」「平常心」「行動力」「信頼力」の5章から構成されていてそれぞれの章に10個ずつ禅の言葉が紹介されています。私にとっては「育成力」と「平常心」の章が今の自分と照らし合わせた時に学ぶべきことが多かったです。生徒に何を伝えどう導くのか,また「予期せぬこと」にどれだけ強くなれるかということについて新しい考え方に触れることで,気持ちが楽になる部分や生徒達とのより良い関係を気づくためのヒントを多く知ることができました。禅語は大切な考え方を一言でビシッと漢字で表してくれているので,非常にクールでカッコよく,一つでも多く覚え実行したいと思いどの言葉も本のページに何度か書いて練習しました。今日読み終えて全部で50個の禅語の中から一つでも多くの「お気に入り」ができるように,自分の環境で実行してみようと思います。
物事を前向きに捉え,素直に学ぶべきことと接することで正しい経験を積み,禅語の「形直影端」が表す「自らの影もしっかりとしたリーダに見える」くらいに高みを目指して,学びを続けていこうと思います。

Posted by Fujita_Shinichiro


PAGE TOP