レシピが教えてくれること

最近,料理をよく作るようになって感じることはレシピの偉大さだ。レシピを忠実に再現しようと頑張ると,ちゃんと美味しい料理が出来上がってくれる。誰かに自分が作った料理を見てもらったり実際に食べてもらって感想を聞かせてもらうことで,達成感はもちろん料理の作り手としての現在位置と,次への課題がはっきり見えてきて料理への興味を増幅してくれているように思う。
人数に合わせて分量を頭の中で計算し直したり,一部の材料の変更をする必要があるときなどは自分の論理的な部分と創造的な部分がはっきり働いているのを感じることができる。
なんとか完成までたどり着いたとき,道筋を示してくれたレシピに感謝の気持ちが湧いてくる。
今は,テキスト情報だけでなく動画でも作り方を確認することができる。レシピを一つ一つ追いかけるように料理を作ったとしてもとても追いつけないくらいの数がある。
私は飽き性なので,常に新しいことに挑戦したがる。そんな中,今まで作ったことのない料理に
いつでも挑戦できる環境は,行ったことのない国を訪れたり,解いたことがない問題を何としても解こうとしているときの,緊張感と高揚感を与えてくれる。まだまだこれから先多くの料理を作っていくのだが,レシピに対する敬意を忘れずに,楽しんで料理を続けていきたい。

Posted by Fujita_Shinichiro


PAGE TOP